施工管理への転職は自分次第で収入アップが期待できそう。

施工管理の仕事は、工事現場の職人たちをまとめ、スムーズに作業が進むように管理する仕事です。

工程や安全管理をして工事を期限までに終わらせるように計画して指示していきます。

大変な仕事ですが、収入の方はどうなのでしょうか。

【年収はどれくらいか】

どの仕事をするにしても気になるのはやはり収入です。

施工管理の場合、スーパーゼネコンと言われる企業だと年収で約880万円、ある建築施工管理の求人では年収が約1000万円でした。

大手企業の土木施工管理では年収が約800万円となっており、大手企業の場合は1000万円前後もらえることがわかります。

しかし、全国平均でみると施工管理の年収は500万円から600万円となっています。

【転職サイトで探そう】

転職を考えているなら、少しでも給料が良いところに行きたいと誰もが思うものです。

しかしスーパーゼネコンなどの大企業は、あまり中途採用をしていませんので転職でそういったところに行くのは難しいと言えます。

しかし、転職サイトに登録して探してみると、高収入の施工管理の求人があります。

自分で探すのには限界がありますが、このようなサイトに登録してコーディネーターに付いてもらうと、希望に合った求人情報を探してくれますのでおすすめです。

【年収アップを目指すなら資格を取ろう】

施工管理の仕事をするなら、施工管理技士の1級を目指して勉強しましょう。

仕事をしながら勉強するのは大変ですが、1級が取得できれば転職にも有利ですし、年収のアップも期待できます。