未経験者が施工管理への転職に成功できるのか?

施工管理の仕事は、施工管理技士の資格がないと就くことができません。

資格がないがどうしても施工管理の仕事がしたい場合は、どうすれば良いのでしょう。

資格が取れるまで働けないのでしょうか。

【未経験者でもOK?】

転職情報サイトや求人情報サイトを見ていると、施工管理の求人に未経験者OKとある企業がいくつかあります。

転職情報サイトや建築関係を中心とした求人情報サイト建設・設備求人データベース)を見ていると、施工管理の求人に未経験者OKとある企業がいくつかあります

施工管理は資格がないとできないのですが、これはどういうことなのでしょう。

こういった場合、ほとんどは施工管理技士の資格を持つ人とともに現場に入り、見習いとして働くということです。

現場で施工管理とはどんな仕事をするのかを学ぶことができ、資格試験の準備もできます。

【実務経験を積んでから試験へ】

施工管理技士の資格は、実務経験がないと受験できません。

実務経験の内容は受ける試験の級によっても違うのですが、まず現場で実務経験を積み、そして資格試験を受けられるようにと企業も考えてくれているのです。

資格がないまま転職してきても、先輩の見習いとして仕事を覚え、資格を取得するための勉強ができるのです。

【即戦力にはなれないがやる気を見せよう】

転職の場合、資格があって施工管理の経験がある人の方が有利になるでしょう。

しかし即戦力になれなくてもやる気はこれだけあるということをしっかりアピールできたら採用してもらえる可能性は高いです。

働きながら資格試験の勉強は大変ですが、施工管理の仕事がしたいと思って転職したのですから資格が取れるまで努力することが大切です。